2013年3月23日土曜日

第二話 龍の惑星

「こ、この姿は… なんなんだよぉぉぉ!」
雄叫びをあげるスキプラ。

その声は、まさしくドラゴンそのものであった。
もはや彼は、比喩ではなく、本当に獣へと変貌してしまった。

少なくとも外見は。

すっかり絶望した彼は、
この惑星を探索してみることにした。

驚くほどに何も無いが、最新部まで行けば何かあるかも知れない。

答えは、ノー。

転がるのはおぞましい骸のみ。
生きている存在は誰一人いないようだった。

骸は、この星の住民とおぼしき風貌で、
トランスフォーマーに近い組成だった。

昔はここも、鉱山惑星の一つだったということか…?

そんな考えを巡らせながら、
彼は探索を続けた。

「…あっ?!」

そこにあったのは、
ドラゴニウムに封じ込められた、まさしく化け物だった。

その姿は、今のスキッズプライムと、ほぼ同じ格好をしている。

「なんだこいつ…」

「プレダキング… そいつの名前だ。」
突如響いたほかの人物の声、 その声は
ひどく聞き覚えのある声だった。

「…メガトロン!」

そう。
ディセプティコンのリーダー、
破壊大帝メガトロン。

彼もまた、
ダークエネルゴンに魅せられ、
その力を操るものの一人だった。

「まさかオートボットにもダークエネルゴンを扱える者がいたとは…
興味深いが、消えてもらおう。
ドラゴニウムは我にとっても必要なものだ」

そう言って、ダークエネルゴンセイバーを構える。

一方、スキッズプライムは、
手持ち武器を持ち合わせていなかった。

否、リペアされたばかりのボディに
、どういった武器が内蔵されているのか、まだ理解できなかった。

しかも、本来ならテセラクタルブレードなどを携帯しているのだが、

任務を軽く見ていた彼は、それすらも置いてきてしまった。

「畜生……」

「ほう、丸腰で我に挑もうと?」

かっかっかと笑うメガトロン。
無理もない。



さぁ、 戦いだ!!

次回、第三話「闇の剣と龍血の剣」

0 件のコメント:

コメントを投稿